LIVE

2016

7.15 (Fri)Matt Mottel x 大野雅彦(SOLMANIA) x 和田晋侍@ Bears,Osaka

 

ベアーズと久々に共同企画、大阪からも素敵なメンツでお迎えします。ぜひぜひ!!

👇アメリカからマットモッテル来日、ニューヨーク出身のマシュー・モッテルは「Talibam!」というバンドで13年間活動。大きな注目を集めました。彼はカロール・アーミテージ、リース・チャタム、クーパー・ムーア他多くのミュージシャンと仕事を共にしてきました.

7.15 (Fri)@ namba Bears,Osaka

Wada Shinji & namba Bears presents
『Upper-FU  MM Jpn tour 2016』

Ad  1800/ Door 2000
OPEN 18:30 19:00~             INFO_NanbaBEARS 06-6649-5564

LIVE
和田晋侍  (Dr,Amps/kyozinyuenidekai,DMBQ)×大野雅彦(Gt/SOLMANIA)×Matt Mottel(Key,Synth, Talibam!  from US)
—-
金属太古 Taiko Kinzoku & Sandersonia

(Metal percussion +Violin)
—-
中田粥 Kayu Nakada(Bugsynth)×米子匡司 Tadashi Yonago(Electronics)

INFO_NanbaBEARS 06-6649-5564

 

mattmottel-a

Matt Mottel プロフィール
Matthew Mottelは、1999年から国際的なアート・コミュニティで広範囲に活動するアーティストでありパフォーマーである。彼の興味は、公共スペースを、アーティストと公衆の相互作用のために、よりクリエイティブで住み心地のよい場所に変換することにある。

彼はパフォーマンス・デュオTalibam!を2003年にKevin Sheaとともに結成した。今まで26のアルバムをリリースし、20回の国際的なツアーを行っている。彼はCSC Funk BandやAlien Whale、Nymphといった共同アンサンブルでも演奏しており、彼自身のユニット、Platinum Visionのバンド・リーダーでもある。

彼は、彼の父である写真家のSyeus Mottel、振り付け師のKarole Armitage、フルクサス出身の音楽家、刀根康尚、自作楽器発明家のCooper-Moore、ビジュアル・アーティストのPeter Coffin他、たくさんのアーティストと共作を行っている。加えて、彼は2010年にIssue Project Room、2011年にLMCC Swing Space Recipienでアーティスト・イン・レジデンスを行っており、個人的な機会を持つことと、コラボレーションを行うことの両面で精力的に自身の活動を拡張しようとしている。彼はまた、MoMAや、シカゴ現代美術館、イギリスのヴィクトリア&アルバート博物館、ニューヨークのThe Kichen、All Tomorrow’s Parties Festivalなど名誉ある場所でもパフォーマンスを行ってきている。

___

  

 

7/02 (Sat) DAIHAAD @SOCORE FACTRY_osaka

0702_JACKET-150x150

 

逆襲の四畳半ツアーギターウルフ

Act:【LIVE】 ギターウルフ

【GUEST】 ダイハード / DAIHAADO

和田晋侍/Drums(DMBQ,kyozinyuenidekai) マーヤ/DoubleMic(KingBrothers)

おとぼけビ〜バ〜

 

Open:18:30 / Start:19:00 / Adv:¥3,000 (D別) / Door:¥3,500 (D別)

 

eplus:4月4日〜先行販売開始ローチケギターウルフHP先行チケット受付 3/25(金)21:00~4/3(日)23:00eplus4月4日〜先行販売開始

5.27 (Fri) 手ノ内嫁蔵 @nanba BEARS_osaka

 

 

 

<お花畑なサイコ>

LIVE

手ノ内嫁蔵
ケンスギザキトリオ(ケンスギサキ/西滝太(PARA)/稲田誠)
いかんせん花おこし

open18:30/start19:00

ad 1800/door 2000

0527@bears

 

5.29 (sat) コスミックへそチャクラ@大阪城野外音楽堂

 

 

 

 

 

 

 

 

0527mayumi

コスミックへそチャクラ 

佐伯真有美/ ONI from あふりらんぽ(ギター/ボーカル)

稲田誠(ベース)

イガキアキコ(バイオリン)

和田晋侍(ドラム)

5.31 (tue) 巨人ゆえにデカイ @ urbanguild _ Kyoto

5/31(tue) アサダワタル ソロCD「歌景、記譜、大和川レコード」発売記念イベント『私たちが想像する棚』

05/31・19:00 〜23:00

 

 

 

LIVE

アサダワタル (with 中尾眞佐子 from INDIAN NO ECHO SIGN BINE NO!!)
池永正二 (あらかじめ決められた恋人たちへ)
巨人ゆえにデカイ
もぐらが一周するまで

DJ:デリヘル美

◇OPEN / START 19:00
◇adv.2000 yen + 1drink / door.2300 yen + 1drink

0531_flyer-241x340

6.03 (Fri) wada shinji @アオツキ書房_osaka

 

 

 

2016年6月3日(金) 『風まち月、衣がえ~閏丙申』

 


出演:柳家小春(三味線、唄)
/ 元山ツトム(steel guitar) / カメイナホコ(piano) / 和田シンジ(drums)

オープニングアクト:三浦カヨ(三味線、唄)


18時30分開場 19時30分開演 予約2,000円 当日2,300円+1ドリンクオーダー

 

0603

6.10 (Fri) DAIHAAD(wada+marya) @ conpass_Osaka

 

 

 

オシリペンペンズpresents 超能力vol.TENGU

LINEUP:

LIVE:
オシリペンペンズ
少年ナイフ
TADZIO
ダイハード
【和田晋侍(巨人ゆえにデカイ / DMBQ)
&マーヤ(KINGBROTHERS)】

opening act:
KPY

DJ:
ごはん(from neco眠る)

INFORMATION:
OPEN 18:30    START 19:00

CHARGE:

ADV. ¥2500(D別) DOOR ¥2800(D別)

TICKET INFO:

チケットぴあ ( Pコード 296-573 )
ローソンチケット ( Lコード 57151 )
e+ ( イープラス )

前売メール予約はこちら
( 受付期限 6/9 23:59まで )

※予定枚数に達しましたら受付終了となります。その場合はメールを送信いただいても受付できませんのでご了承ください。こちらの受信履歴の先着順となります。キャンセル不可になりますので予めご了承ください

 

160610_penpenz_web

6.21(Thu) 和田晋侍 × 中田粥@BEARS_Osaka

Live

安田莉沙/てくらがり/中田粥/吉原啓太/

Open/Start 18:30/19:00

tiket ad 1800/ door 2000

 

 

 

6.30 (Thu) 巨人ゆえにデカイ@METRO_kyoto

  • The Observatory Japan Tour 2016-
    AUGUST IS THE CRUELLEST

 

  • cover02
  • LIVE:
    The Observatory (from シンガポール Singapore)
    Metome
    巨人ゆえにデカイ
    and more!!
  • 前売¥2500 ドリンク代別途、当日¥3000 ドリンク代別途
    —————————————————————-
    ※前売りメール予約:
    ticket@metro.ne.jpで、前売料金にてのご予約を受け付けています。
    前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
    前売料金で入場頂けます。

 

東南アジア孤高のオルタナティブ・ロックバンド「The Observatory」。音楽家の大友良英氏がアーティスティック・ディレクターをつとめるプロジェクト「ENSEMBLES ASIA」が手掛けるイベント「Asian Meeting Festival」のプロジェクト・ディレクターとしてアジアのクリエイティヴな音楽家をネットワークするハブとしても精力的に活躍しているユエン・チーワイを中心に、スペイシーなシンセベース、電子ノイズ、狂気的なギター、重々しく、独特なリフが何度も打ち鳴らされ、ノイジーでありながらロック、そしてメランコリックな中毒性のあるサウンドはあらゆる方面に波紋を呼び、今年2月に横浜で開催されたTPAM(国際舞台芸術ミーティング)でのガムランの演奏家を交えたスペシャルセット『Continuum』が好評を博し、昨年10月以来となる日本ツアーがこの度決定!京都メトロ公演では国内外の注目を集め、現在進行形の電子音楽シーンの先頭をゆく新世代トラックメーカー「Metome」、関西アンダーグラウンドシーンの雄「巨人ゆえにデカイ」らエッジィな面々が迎え撃つ。

5/14 (sat) 巨人ゆえにデカイ@戦国大統領_osaka

God Bless Jamboree vol. 12

=PIGGYS DRIVE=
巨人ゆえにデカイ
Pink Eye (Texas, US)
メシアと人人
meet meet meet

open 18:30 / start 19:00
adv ¥2000 / door ¥2500 (+1 drink)

0514@せんごく